登山>●具体的な登山計画の立て方

登山をする山が決まれば、その山についての情報を出来るだけ広く
集めるようにします。

登山ではこの事前の情報収集がとても重要となります。

登山では知っているということと、知らないということでは、大き
く安全性や行程のスムーズさに差が現れます。

経験や情報が技術より重視されるものなのです。

目的の山の最新情報を登山地図やガイドブックなどで入手します。

さらに最近ではホームページなどの公式情報で、目的の山だけでは
なく、周辺の山情報なども広く仕入れておきます。

この際に個人の登山記録などを参考にするのもよい事ですが、
100%の信頼をおくのは危険です。

どのようなレベルの登山者なのかが分かりにくく、客観的なデータ
や視点を重視するのであれば、やはり公式なホームページを利用す
る方が安全です。

登山者の少ないと思われる山であれば、事前に地元自治体の観光課
や該当地域の山小屋などに電話を入れ、登山コースの最新状況など
の情報を仕入れておきます。

登山道の様子が短期間で劇的に変化することはあまりまりませんが、
登山口までの公共交通機関の時刻や運行時期、林道の開通状況など
に変化がある場合があります。

最寄の駅から登山口までのバスが、平日は運行していなかったり、
マイカーによるアクセスで、林道が閉鎖されており通行出来なかっ
たりなど、登山計画が大きく変更になるような事態だけは避けたい
ものです。

これも事前に入念な情報収集をすることで回避することができます。

登山計画書を家族に残しておくことも重要です。

山域や季節に関わらず届出はした方がよく、場合によってはその登
山計画書が命綱となることもあり、軽視してはいけません。

登山計画書がなければ、どこで何をしているのかが家族にも分から
ず、余計な心配を掛けることにつながります。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中