登山>●ザレ場・ガレ場の登り方

ガレ場・ザレ場と呼ばれる登山道中の難所があります。

少し大きめの石などが堆積して広がっている場所を、一般的には
ガレ場、細かい砂より少し大きな粒状の石が敷き詰められている
場所を、ザレ場と呼んでいます。

このガレ場やザレ場には、通るべきルート(登山道)がはっきり
しないという特徴があります。

大きな岩がある場所であれば通る道はそれほど多くはなく、コース
を見つけるのは容易ですが、コブシ大の石や砂礫の広がる場所では
自分で登山道を見つけて登らばければなりません。

登山道を探すには、やはり経験とカンがものをいいます。

登山道全体を見渡し、どのルートを通れば一番安全に登れるルート
なのか、自分の頭の中に思い描いてから登るようにします。

大小の石が混じるようなガレ場であれば、比較的大きな岩がある場所
の方が安定して登ることができます。

ガレ場を登る時の注意点としては、落石に十分注意をします。

前を登っている人の直後を登ることは絶対に避け、十分な距離を保っ
て登るようにします。

十分な距離を保っていれば、万一落石があった場合にも十分対処する
時間が取れます。

一方、ザレ場を登る時の注意点は、細かい砂礫の上を歩くことになる
ため、スリップには十分注意をします。

地面が柔らかいザレ場の場合は、つま先を地面に蹴り込んでステップ
を作り、それを足掛かりにして登ります。

しかし、地面が固くステップが作れないようなザレ場では、斜面に対
して直角にして登る、いわゆる「カニ歩き」で登ります。

この時のポイントは、谷側にある足の内側エッジを効かせながら登る
という点が重要になります。

いずれの場面においても慎重にゆっくりと登るという事が、登山中の
事故を未然に防ぐ登り方と言えます。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中