登山>●岩場の安全な歩き方

登山道の途中にある岩場歩きや岩登りに、恐怖感を抱いている登山
初心者は多いと聞きます。

体が露出しているということや、高所であるという恐怖感と緊張感
により、必要以上に体全体に力が入ることにより、それが結果的に
疲労感を増幅させることにつながります。

岩場歩きや岩登りにも体が疲れないコツや要領はありますが、基本
は理屈を頭で理解した上で、実践を積み重ね、慣れていくよりほか
ありません。

岩場歩きや岩登りでのスリップや転倒は、他の登山道とは比べもの
にならない位危険度が高く、まずはスリップや転倒をしない歩き方
や登り方を体得する必要があります。

その基本としては「足でしっかり立つ」ということです。

どうしても慣れない岩場などでは、掴むことができる手を使って登
りたくなります。

しかし手はあくまで「バランスを補助するもの」という考えで歩き、
登ります。

足でしっかりと立ち、手でバランスを取りながら進むことにより、
余計な力を使わずにすませるという考え方です。

次に、岩登りの基本動作として、「3点確保」というものがあります。

両手・両足の4つの支持点のうちの3点を使い、身体を保持するよう
にします。

前進する時には、当然片足を上げなければならず、この時に体重を
支えるのは手ではなく、もう片方の足になります。

そういう意味では、自分の登山している岩場の中で、どれだけいい
足場を確保できるか否かで、安全性に大きな差がでることになります。

やはりどの登山道でも最後は経験がものをいう世界ですから、苦手
意識を持たずに練習を重ねることこそが、安全への近道となります。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中