登山>●下山時に疲れない歩き方

登山をする際に避けて通れないのが、山を下る下山という行動です。

山は登るためにあるものですが、一度登ってしまえばよほどの理由
が無い限り、自分の足で登山口まで下山しなければなりません。

この下山時に自然に身体が重力によって落下していく動きを制御し
つつ、安全に下るには、それなりの技術とコツが必要となります。

下山中の足の運び方は、登りの時と同じように、足裏全体を地面に
接地させるような足運びをすれば、スリップをしにくく安全と言え
ます。

しかし、足裏全体で体重を一気に支えることにもなり、一歩一歩足
を踏み出す度に「ズドン・ズドン」とヒザや脚に大きな衝撃が加わ
ることになります。

これに対して、普段街中を歩くときの、足裏をカカトから接地させ
る歩き方は、衝撃がカカトからつま先へと分散され、ヒザや脚にか
かる負担が少なくなります。

そこで、山を下る際には、登山道の状況に応じた歩き方というもの
が要求されます。

傾斜がゆるく路面の状態が安定している場所であれば、普段の街中
歩きと同じ、カカトから接地させる歩き方をします。

次に少し傾斜が急でスリップの可能性のある登山道では、足裏全体
を接地させる歩き方に変えます。

さらに傾斜がきつい登山道では、いわゆる横歩き(カニ歩き)の要
領で慎重に下ります。

以上3つの基本形をうまく組み合わせることにより、安全かつ疲労
を防ぎながら下山することができるようになります。

登れば下りが待っています、下りももちろん登山行程のひとつです
から、技術を磨き楽に下山ができるようにしたいものです。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中