登山>●コース取りを考えた下り方

同じ登山道でも、コース取りを考えて下るのと、なにも考えずに
闇雲に下るのとでは、疲労度に大きな差があります。

同じ斜面でもコースが二つ以上ある場合は、どちらのコースを行け
ばより楽に坂を下ることができるのか、あらかじめ見極めて下る事
が大切です。

同じ急斜面でも、一方はフラットな急斜面、もう一方は木の根が階
段状に張っている急斜面。

このどちらを下ればより疲労感が少ないか?

答えは、木の根が階段状に張っている急斜面になります。

理由として、フラットな急斜面では、スリップしないように足裏全
体を地面に接地するような足運びが必要になり、ヒザや脚への負担
が大きくなります。

一方、階段状に木の根が張っている場所であれば、それこそ駅の階
段を下るように、小さなステップで急斜面を下ることができます。

場面によっては横歩き(カニ歩き)のような歩行スタイルを要求さ
れる場合もありますが、フラットな急斜面を足裏全体を接地して歩
くよりは、はるかに疲労度が少なくて済みます。

人間の足は、足裏を水平に置ける場所を歩くことが一番疲労が少な
いと言われています。

小さなステップを横歩き(カニ歩き)で下る、この下山方法が一番
ヒザや脚へのショックが少ない歩き方なのです。

下山中はこの横歩き(カニ歩き)を積極的に取り入れて、疲労感を
増大させないよう山登りの後半戦をこなしていきたいものです。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中