登山>●登山時の基本的な服装

登山時の服装は、重ね着(レイヤード)が基本となります。

重ね着をしていて、暑くなれば脱ぎ、反対に寒くなれば着こむ、
この重ね着を理解して使いこなすことで、どんな気象条件でも
快適に登山を楽しむことができるようになります。

重ね着の基本は、下着(インナー)、薄手のフリースジャケット
などの中間着、さらに防水性・防風性のあるレインウェア(アウ
ター)の3つを基本とします。

○下着のシャツや、夏であれば化学繊維のTシャツとパンツなど
 がベースになります。

○そして、寒くなればその上にフリースなどを着ます。

○さらに寒くなれば、フリースの上にベストなどを着ます。

○雪山では、さらにゴアテックスなどのアウタージャケットを着
 こみます。

重ね着をしていて暑い時は、反対に脱いでいけばよいだけとなり
ます。

次に、下着は何を選べばよいのでしょうか?

現在の下着は化学繊維のものが主流となっています。

綿のシャツは吸汗はすれど、放出はしないため、一度湿るとその
ままになってしまいます。

天然素材を使用したウール性の下着も最近はあり、快適性も高く
なっています。

肌触りも昔の化繊やウールのシャツと違い、現在の化学繊維の肌触
りは綿となんら変わることはありません。

登山を始めるのであればぜひ準備しておきたいところです。

お勧めの下着は、化学繊維の薄手の長袖上下となります。

厚手のものでは保温性が高すぎて、初心者が登る山では暑すぎる
可能性があります。

手触りが薄いため保温性に疑問を感じるかもしれませんが、最近の
高機能下着の保温性は十分にありますから、心配はいりません。

肌寒さが残る春先には長ズボンが基本となります。防水性・吸汗
発汗性やストレッチ性に優れたズボンも最近は販売されています。

上着は、夏場に着ていたウェアの上にフリースを着れば大丈夫
でしょう。

ただ、春や夏の登山でもレインウェアは必携です。

雨の時以外にも、風の強い時や休憩時に着こんでおくと、体温を
奪われることがありません。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中