登山>●登山に使う靴選びの重要性

登山で使う重要な装備品のひとつに、靴が挙げられます。

どのような靴を選べばよいかは、自分が目指そうとしている山によ
っても変わってきます。

ハイキング程度なのか、それとも冬山に登ろうと思っているのかに
よっても違います。

登山用の靴には、ローカットとハイカットの2種類のタイプがあり、
ローカットはジョギングシューズのような浅いタイプのもの、ハイ
カットはくるぶし付近まで覆うタイプのものです。

登山用の靴として選ぶのであれば、安心感のあるハイカットが断然
おすすめです。

ハイカットの登山靴の利点としては、足首全体を覆っているので、
捻挫などのトラブルが減る、くるぶしを直接岩などにぶつけること
がない、小石や雪が入りにくいなどのメリットがあります。

残雪期の山を安全に登るのであれば、断然ハイカットとなります。

次に、街中で使う靴と登山靴では硬さが違います。

底のしっかりとした硬い靴が登山靴の特徴であり、硬いソールは
ごつごつした岩地帯も足裏を痛めることなく、重いザックを背負い、
歩くときでも登山道をしっかりグリップしてくれます。

自分のレベルや登山する山に合わせた登山靴を選ぶためには、的確
なアドバイスをしてもらえる登山専門店で選ぶようにしたいものです。

その他の疑問や不安にもきちんと答えてくれる事でしょう。

ハイキング程度の登山から残雪の残る山の登山まで、一足の靴でこな
そうとするならば、ハイカットで防水性があり、軽アイゼンの装着で
きるものが基準となります。

靴を選ぶ時には自分が普段履いている、登山用の靴下を必ず持って行
くようにします。

靴売り場には試着用の靴下などが置いてありますが、自分の靴下と厚
みが違えば、実際に登山を始めると靴擦れの原因となったりします。

試着する際には、足首を曲げたりひねったり、店内を納得いくまで歩
いてみたり、時間をたっぷりかけて何足も履き比べ、自分の足に合っ
た靴を選ぶことが最も大切になります。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中