登山>●登山靴のメンテナンス方法

登山の後の登山靴やウェアのメンテナンスや洗濯方法には、当然
その靴や服に合ったメンテナンス方法があります。

それに従ってメンテナンスをすることにより、次回の登山時にも
快適に使用できるようになります。

登山用品の中でも、最も汚れやすいものは登山靴といえます。

特に雨の降った後のぬかんるんだ登山道を歩けば靴は泥だらけに
なってしまいます。

そのような状態になった登山靴は、まずはじめにインソールを取
り出し、軽く洗って陰干しをしておきます。

靴本体も風通しのよい場所で陰干しをした後、付着している泥が
乾けば使い古しの歯ブラシなどで落としておきます。

その上で、皮製の登山靴であれば専用のクリーナーなどがあるの
で、それを使って表面をキレイにしていきます。

登山靴に使用されている皮の種類によって使うクリーナーが違うた
め、購入した登山用品店に確認しておきましょう。

クリーナーが乾燥したら、乾いた布で再び汚れをよく落とした上、
栄養クリームを塗り込んでおきます。

さらに仕上げに防水スプレーを吹いておけば完璧です。

高機能のウェア類の中には、洗濯機で洗ってしまうと縮んでしまう
ものもあり、洗濯表示のラベルをよく確認してから洗うようにします。

汚れを落とした後の登山用ウェアの収納方法は、基本的には日常着
る衣類と変わりありません。

しかし、ダウンジャケットやレインウェアなどは、付属の収納袋に
入れたままにしておくのはやめた方が無難です。

小さな収納袋に入れておくと、ダウンジャケットは復元力が落ち、
レインウェアに至っては、防水用のシームテープを痛めてしまいます。

いずれのウェアもゆったりと畳んで風通しのよい場所にしまっておき
ます。

靴も同じ事で、湿った靴箱の中に長い間入れておくと、皮の部分に
カビなどが生え、高価な登山靴が台無しになってしまいます。

風通しの良い場所に保管して、時々戸外で陰干しすることも高価な
登山靴を長持ちさせるコツといえます。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中