登山>●山岳保険の必要性

登山中に遭難した時、救助に掛かる費用はその状況によって千差
万別あります。

冬山登山のパーティが遭難をして、何日も捜索活動が行われる場合
は、数百万から場合によっては一千万円単位の捜索救助費用が必要
になることもあります。

そこまではいかないにせよ、個人で単独登山中に骨折などをし、
携帯電話などで救助要請をした場合は、だいたい幾ら位の費用が
掛かるのでしょうか?

これは登山をしている山の状況によっても大きく変わりますが、
目安として、ヘリコプターなどを使わず、一日で救助が終わるケース
であれば、総費用で30〜50万円程になります。

思ったより高額と感じる人も多いと思いますが、救助に向かう人員
はもちろん一人ではなく、複数の救助隊が救助に向かう訳ですから、
その人数分の費用が必要となります。

また、一日で救助が終わらなければ、さらに費用がかさむこととなり
ます。

そのような不測の事態に備えるのが山岳保険です。

加入時には、どのような範囲の保障があるのかをしっかり確認をして、
自分の登山スタイルに合った山岳保険に加入するようにします。

万が一山で遭難した場合に、救助費用の事が頭をかすめ、救助依頼を
躊躇するようなことがないよう、登山をする方であれば、家族に迷惑
を掛けないためにも山岳保険の加入は必須と言えるでしょう。

登山

トップページ
●登山中にバテない方法
●登山レベル別山選び方法
●季節別登山コースの注意点
●具体的な登山計画の立て方
●単独登山と山岳保険
●マイペースで登山する方法
●尾根道の安全な登り方
●逆ハの字ステップの使い方
●ザレ場・ガレ場の登り方
●岩場の安全な歩き方
●ハシゴやクサリの登り方
●トラバースの安全な歩き方
●雷雨や霧への対処方法
●下山時に疲れない歩き方
●コース取りを考えた下り方
●シングルストックの使い方
●ダブルストックの意外な効果
●休憩の上手な取り方
●ウエア調整と小休止の取り方
●遠足気分の大休止
●登山で必要な筋肉の鍛え方
●登山時の基本的な服装
●登山に使う靴選びの重要性
●マメを作らない靴の履き方
●ザックの選び方
●ザックのメンテナンス方法
●ゴアテックスのレインウェア
●レインウェアのメンテナンス
●秋・冬の基本的な登山装備
●梅雨や夏場の服装の選び方
●便利な小物の収納方法
●登山靴のメンテナンス方法
●道迷いで遭難しない方法
●避難小屋の上手な利用方法
●適切なビバーク方法
●靴擦れや日焼けの防止方法
●捻挫や骨折の対処方法
●山で体調を崩さない方法
●熱中症の予防方法
●危ない動植物から身を守る
●山岳保険の必要性
●登山用地図の選び方
●地形図の読み方
●等高線の読み方
●ザックカバーの便利な使い方
●生死を分けるツエルト利用法
●ファーストエイド用装備品
●装備品の軽量化方法
●楽しい登山時の食事
●登山中のちょっとした注意点

その他

リンク募集中